南瓜まるごとカスタードプディング サンカヤー・ファクトーン

このお料理のお味は…

สังขยาサンカヤーはカスタードプディング
ฟักทองファクトーンは南瓜。
南瓜を丸ごと使ったボリューム満点のデザートです。
タイの南瓜はホクホクというよりしっとりねっとりした食感
ココナッツミルク入りのカスタードと合わせると
コクのある素敵なデザートに。
姿のまま蒸しあげて
テーブルで一切れずつ切り分けていただきます。

金色の果肉にカスタードが映えて
ハロウィンのデザートなどにすると
歓声が上がること間違いなし♪


สังขยาฟักทอง サンカヤー・ファクトーン
南瓜カスタードプディング サンカヤー・ファクトーン

材料:

  • 南瓜…500g位のもの1個
  • アヒルの卵(またはLLサイズの鶏卵)…4個
  • ココナッツミルク…1/2カップ
  • น้ำตาลปึกナムターンピーク(パームシュガー)…3/4カップ(他の砂糖でも代用可)
  • ใบเตยバイトゥーイ…30㎝位を1枚(香りづけなのでなくても可)

*作り方*

  1. 南瓜はヘタを中心に直径4~5cmの円を描くように小型ナイフなどで上部をくり抜き、中のワタと種を取り除いた後水洗いした後水切りしておきます。
    切り抜いたヘタの部分は蒸すときに栓として使うので捨てずにとっておきます。
  2. ボウルに卵、ココナッツミルク、ナムターンピーク(パームシュガー)または砂糖を入れ溶け残りが無いようよく混ぜ合わせます。
    (あれば)バイトゥーイを5cm程に切ったものを加え軽く手でもみ香りをつけます。
  3. 南瓜が入る大きさの蒸し器を用意し、蒸気が上がるまでのあいだに南瓜の準備をします。
    南瓜の中へ2.のカスタード液をこぼれないよう注ぎ入れとっておいたヘタで栓をします。
  4. 蒸し器の蒸気があがったら、3.で用意した南瓜を入れて中火で30分ほど蒸しあげます。
  5. 栓にしたヘタをとってみて中のカスタード液に火が通って固まっているようならほぼ出来上がり、そのまま蓋をして粗熱が取れるまで蒸し器の中で冷まします。
  6. 湯気がおさまり指で触れても熱くないくらいまで冷めたらお皿に取り出してテーブルへどうぞ。



**ワンポイント**

南瓜は火の通りが良いよう小ぶりのものがおススメです。
見栄えの良い濃い黄色に仕上がるため、
タイではアヒルの卵を使うのが一般的。
鶏卵だと淡い色合いになりますがどちらを使ってもOKです♪
コクがあってお菓子作りに定番のナムターンピーク(パームシュガー)も
お好みのお砂糖で代用できます。ちょっとさっぱり目の仕上がりに。

香りづけ使うバイトゥーイはこんな風貌(自宅に植えて使ってます)

バイトゥーイ

バイトゥーイ

爽やかで上品な甘い香りはお菓子からお惣菜に、
煮出して出る緑色は天然の着色料にと使われます。


蓋をとった時に蒸しあがったかの確認は、
栓を外してちょっとスプーンを浅くさして
もったりとささるようなら大丈夫です。
うっかり竹串を刺してしまうと、固まっっていない場合
そこから漏れてしまうことがあるのでくれぐれもご注意を
あ、そんなうっかりはわたしくらいかしら(笑)

固まり方が弱いようでも冷めるとわりとしっかりするので大丈夫ですよ。
冷蔵庫で冷やしていただくと切り分けた時の形がきれいです。


南瓜の甘さで味の加減が変わりますが、
甘味が足りない場合は
砂糖を溶かしたココナッツミルクを少量ソースがけすると
見た目もお洒落で美味しくいただけます。



上白糖では出せないコク、料理以外にコーヒーや紅茶などにも。

EOパームシュガー 270g
黒糖よりクセが少なく、独特の香ばしさと優しくまろやかな味が特徴の砂糖です。









レシピがお役に立てたらポチっと応援してくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ      


0 件のコメント :

コメントを投稿