サラサラ美味しい、ひき肉団子入り雑炊 カオトム・ムー

このお料理のお味は…

熱々のスープに好みの具を入れた雑炊。
スタンダードな朝食として人気のメニューです。

ข้าวカーオ(米)ต้มトム(茹でる)
サラサラとしたご飯の口あたりは
タイ米ならでは。
針生姜と胡椒が香りよく
より食欲をそそります。

日本米の場合は
一度普通に炊いたものを
さっと水洗いしてからスープに加えると
タイ米と同じようなサラサラな仕上がりに♪


ข้าวต้มหมูสับ カオトム・ムーサップ
豚ひき肉団子入り雑炊 カオトム・ムーサップ

材料:

  • タイ米…1/2カップ
  • 水…3カップ
  • 鶏がらスープの素…大匙1
  • 豚ひき肉…100g
  • 塩コショウ…少々
  • 醤油…小匙1
  • น้ำมันงาナマン・ガー(ごま油)…少々
  • แป้งข้าวโพดペーン・カオポーッ(コーンスターチ又は片栗粉)…小匙1
  • 万能ねぎ…少々
  • 生姜…1片
    仕上げ用トッピング
  • フライドガーリック…
  • 香味野菜(パクチーなど)…お好みの量を
  • 温泉卵…1個

*作り方*

  1. タイ米はさっと水洗いしザルにあげて水切りしておきます。
  2. ボウルに豚ひき肉を入れ塩コショウ、醤油、ごま油、ペーン・カオポーッ(コーンスターチ又は片栗粉)を加えよく練り合わせます。
  3. 生姜は細い千切り(針生姜)にしておきます。
  4. 鍋に水を入れて沸騰したところに鶏がらスープの素を入れ、1.の米をいれて芯がなくなるまで弱火で煮ます。
  5. 米が柔らかくなったところで2.の挽き肉を団子状になるようにスプーンで落とし入れます。
  6. 肉団子に火が通ったら万能ねぎをちらし、器に盛って針生姜をのせ、仕上げ用トッピングからお好みのものをのせます。
  7. 胡椒をたっぷり振って召し上がれ。



**ワンポイント**

タイ米をはじめとしたインディカ米は
普通に炊いても粘りが少なく
サラサラ、パラパラしているのが特徴。
カオトムにしてもふやけるまでの時間が長いので
ある程度冷めてもスープ分が残り
美味しくいただけます。

日本米を使う場合、まず普通に炊いたあと
水洗いをすることで粘りがとれ
スープや具に火が通った後に加えることで
同じようなサラサラした状態に仕上げることが出来ます。

豚ひき肉の団子はコーンスターチを加えることで
ふんわりした食感になります。
火が通った後はあまり煮すぎないように。

具は今回ご紹介したひき肉団子の他に
切り身魚のから揚げ入り(カオトム・プラー)や
茹で海老入り(カオトム・クン)など。
また具を入れずに水だけで炊く物もあります。

仕上げのトッピングは好みで様々。
タイでは更に唐辛子入りのお酢やナムプラーなどで
好みの味に調整していただきます。

一般にカオトムは米の形を残した雑炊上のものをさし
中華粥のように粥状のものはโจ๊กジョークとよびます。
基本的な作り方はほぼ同じ、
また別の機会にご紹介しますね。



日本米ではだしにくい、タイ料理の風味をより活かして美味しく♪
エスニック料理の付け合せに重宝。独自の風味があり、
タイカレーやタイ風チャーハンに特にピッタリ。







レシピがお役に立てたらポチっと応援してくださると嬉しいです♪

0 件のコメント :

コメントを投稿