魚のさつま揚げ風すり身揚げ トートマン・プラー

このお料理のお味は…

ทอดมันトートマンは揚げ物のこと。ปลาプラーは魚。
日本のさつま揚げによく似た料理です。
レッドカレーペーストがはいってスパイシーに
小口切りのインゲンが歯ごたえと彩りをくわえて
思わず箸がすすみます。
甘酢と野菜の組み合わせのつけダレは
トートマンプラーと一緒に食べると
揚げ物でもさっぱりした口当たりでいただける
タイの素敵な食の知恵ですね。


ทอดมันปลา  トートマン・プラー

材料:

  • 魚切り身…300g
  • さやいんげん…1カップ
  • ใบมะกรูดバイマックルー(カフェライムリーフ)…千切りのものを大匙2
  • 卵…1個
  • น้ำพริกแกงเผ็ดナムプリックケーンペッ(レッドカレーペースト)…大匙3
  • ใบมะกรูดバイマックルー(カフェライムリーフ)…付け合わせの素揚げ用5,6枚
  • サラダ油…適量
    つけダレの材料
  • น้ำส้มสายชูナムソムサイチュー(酢)…1/4カップ
  • とうがらし…1本
  • きゅうり…1/2本
  • หอมแดงホームデーン(エシャロット)…小玉2個
  • 砂糖…1/4カップ
  • 塩…少々

*作り方*

  1. さやいんげんを細かい小口切りにしておきます。
  2. 魚切り身をすり鉢またはミキサーですり身にします。
    卵は溶いてナムプリックケーンペッ(レッドカレーペースト)とともに加えてよく混ぜ合わせます。。
  3. よく練り合わせた2.に1.のさやいんげんと千切りのバイマックルー
    (カフェライムリーフ)を加え更に混ぜ合わせます。
  4. 深めのフライパンに油を熱し、付け合わせ用のバイマックルー(カフェライムリーフ)をキッチンばさみなどで1cm幅くらいに切りながら落とし入れ素揚げにします。
  5. 続けて3.をスプーンですくって形を整えながら揚げていきます。
  6. タレを作ります。とうがらしは小口切りに、きゅうりは縦に1/4に切りさらに薄切りにします。
    ホームデーン(エシャロット)は薄くスライスしておきます。
  7. ボウルにナムソムサイチュー(酢)と砂糖・塩を加えてよく混ぜ、5.を加え混ぜ合わせてしばらくおき味をなじませます。
  8. お皿にトートマンプラーを盛り付け上から素揚げにしたバイマックルー(カフェライムリーフ)を散らし、つけダレを添えてテーブルへ。



**ワンポイント**

レッドカレーペーストはカレーだけではなく、
こんな風に料理の香りづけとしても使われます。
他に炒め物や、ホーモックといわれる蒸し物など
使用範囲が広いので常備しておくと重宝します。
バイマックルー(カフェライムリーフ)の素揚げは
揚げ油の香りづけにもなりますが無くても大丈夫。

 ご紹介したつけダレは一般的なものですが、
今回材料を一部きらしてしまって
買い置きのホットチリソースで代用したので
画像がレシピと若干違ってます。(笑)
これはこれで手軽だし美味しくいただけるのでおススメ♪
 ホットチリソースが手に入らない時は、
マーマーレードジャムにみじん切りにしたとうがらしと
少量の梅干ペースト(手に入ればタマリンドペースト)を
混ぜると近いものが作れます。

屋台でもよく見かけ、揚げたてを竹串で
つけダレの野菜と一緒にさして食べるのが一般的。
つけダレはあっさりお漬物感覚でご飯と一緒に食べられるので
多めに作って常備菜としても便利です。

代替えレシピとして
混ぜ入れるバイマックルー(カフェライムリーフ)は
出来るだけそのままの方が香りが強くでて良いのだけれど
手軽に手に入る乾燥レモングラスを粉末にして混ぜても。
また、ナムソムサイチュー(酢)は
米酢というより透明のビネガーの方が
よりすっきりした口当たりで現地レシピに近いです。
ホームデーン(エシャロット)は玉ねぎでも代用できますが
辛みが強くなるようだったら省いてもOK。
すり身はねっちりペースト状にするので
ミキサーかフードプロセッサーを使うと便利です。



日持ちするので小袋より瓶詰めの方が都度使う量の調整がきいてお得ですよ。

人気度高のペースト3点セット♪

タイ料理の風味が一段と上がるハーブスパイス、代用が難しいので出来れば揃えておきたい(^_^)b




レシピがお役に立てたらポチっと応援してくださると嬉しいです♪

0 件のコメント :

コメントを投稿