空芯菜の辛炒め パックブン・ファイデーン(T)

このお料理のお味は…

空芯菜、タイ語ではผักบุ้งパックブン。
付け合わせに生で、タイスキやスープの具材として
シャキシャキとした食感で調理のバリエも広く
安くてとても身近な野菜です。

”ไฟแดงファイデーン=燃えさかる炎”
炒め鍋に火を入れて仕上げるエキサイティングなメニュー。
調理場で炎をあげるその様と
唐辛子の刺激的な香りが
食欲を誘います。
家庭では真似出来ないパフォーマンスですが(笑)
炎のような辛さをぜひ再現してみてください。


ผักบุ้งไฟแดง  パックブン・ファイデーン
空芯菜の辛炒め パックブン・ファイrデーン

材料:

  • ผักบุ้งパックブン(空芯菜)…200g
  • ニンニク…1~2片
  • พริกขี้หนูプリッキーヌー(生とうがらし)…3~4本(乾燥唐辛子でも可)
  • ซอสหอยนางรมソースホイナンロム(オイスターソース)…大匙1
  • เต้าเจี้ยวタオチオ…小匙1
  • 砂糖…少々
  • サラダ油…大匙1

*作り方*

  1. パックブン(空芯菜)は水洗いして茎と葉の部分を分けるように半分に切り、それぞれを10cm程の長さに切っておきます。
  2. 皮をむいたニンニクととうがらしを包丁で軽くたたいて粗みじんに切っておきます。
  3. 小さな器にタオチオとソースホイナンロム(オイスターソース)・砂糖を加え、合わせ調味料とします。
  4. フライパンに油を熱し2.のニンニクとプリッキーヌーを入れ強火で香りがたつまで炒めます。
  5. 空芯菜の茎の方から先に炒め、火が通ったところで残りの葉の部分も炒めます。
  6. さっと火が通ったら3.の合わせ調味料を入れ全体に味を回して出来上がりです。



**ワンポイント**

空芯菜のシャキシャキ感をそこなわないよう
強火で手早く仕上げるのがコツ。
 炒める時間を短くするために
調味料はあらかじめ合わせておくと便利です。
 この料理のメインの味付けとなるのは
タオチオという豆の発酵調味料。
大豆の面影が微妙に残るペースト状のものです。
塩分が強めなのでしょっぱくなり過ぎないよう
加減をつかむまで最初は少なめに
味をみながら分量を調節すると失敗がないです。

キレのいい辛さにはプリッキーヌー。
ขี้หนูキーヌー=ネズミの糞
食材にはちょっと…な名前ですが(笑)
小粒ながらその辛さはとうがらしの王様。
炎のような辛さにぜひ♪

タオチオ 基本の調味料として1本あると便利♪

ソース・ホイ・ナンロム こちらも揃えておきたい基本調味料







レシピがお役に立てたらポチっと応援してくださると嬉しいです♪

0 件のコメント :

コメントを投稿